走行距離が長くなっている車が多い

レンタカー落ちの中古車のデメリットとしては、まず「走行距離が長くなっている車が多い」ということが挙げられます。そもそもレンタカーは、レジャーなどの長距離運転で使われることが多いため、同じ年数でも走行距離が長くなってしまいがちです。一般的な車は1年で1万km程度が標準的だとされていますが、レンタカーの場合は1年で2万~3万km程度走るのが普通なので、一般的な車の倍かそれ以上の走行距離になってしまいます。レンタカーの使用年数は2~3年になるため、仮に2年落ちの中古車であれば、走行距離がすでに4万~6万km程度になっている場合が多いと言えます。このタイプの中古車は、新しい車種を中古で買えるというメリットがあるのですが、すでに過走行になっているものが多いということも知っておきましょう。

さまざまな人が運転した後の車になる

次に挙げられるデメリットは、「さまざまな人が運転した後の車になる」ということです。レンタカーは、多くの人に貸し出して使うものなので、中には乱暴な運転の仕方をする人もいるでしょう。車というのは、急ブレーキや急発進を何度もしていると寿命を縮めることになるため、できるだけ避けたいのですが、レンタカー利用者の中にはそうした荒い運転をする人がいる可能性もあるということです。また、衛生的な理由から、不特定多数の人が運転していた車は避けたいという人もいます。しかし、だからこそレンタカーの中古落ちは、普通の中古車よりも値段が安いというメリットにもなっているため、こうしたメリットとデメリットは一長一短のものだとも言えます。